カートを見る ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS

革のお手入れ

はじめに

革のお手入れイメージ画像

PAPA-KINGでは独自の処理により革表面の光沢を追求しています。お客様のご使用により更にツヤが増し、味わい深い表情に落ち着いてゆきます。同じ商品でも使用状況により馴染んできた時の風合いは様々です。自然の風合いをお楽しみいただき、末永くご使用いただければ嬉しく思います。

水に濡れてしまった場合

革は水分や湿気を嫌います。雨などで濡れてしまった場合は次の点にご注意ください。

  • 水滴がはじいている程度

    乾いた柔らかい布で押さえつける様に水分を拭き取り、風通しの良いところで陰干ししてください。

  • 水分が多く染み込んでしまった場合

    乾いた柔らかい布で押さえつける様に水分を拭き取り、風通しの良いところで陰干ししてください。水分が多量に染み込むと乾く時に油分も一緒に抜け、革の繊維が縮んで硬くなってしまう場合があります。その場合は革専用のオイル等でメンテナンスしていただく事をお勧めします。

保管に関して

長期間ご使用にならない場合は、風通しが良く日の当たらない場所で保管してください。湿気のある場所で保管されると、カビの原因となりますのでご注意ください。